トップページ >  看護部
看護部

看護部長 調布病院は、病院・介護老人保健施設・訪問看護ステーションの複合型施設の中核として、また、東京都指定二次救急医療機関として、急性期を中心に医療を提供しています。地域の皆様が安心して過す事ができるよう救急の受け入れ態勢を整え、救急隊との連携を強化し全力で取組んでいます。

 看護部はプリセプターシステム・メンターシステムによる新入職員のサポート体制があり、院内・院外研修への支援も充実しています。急性期医療を中心としているため「救急車一日同乗研修」や、病棟においては退院後の生活を見据えた看護が提供できるよう「訪問看護体験研修」、また他院での看護実践の見学研修なども取り入れ、幅広く学ぶチャンスを設けています。看護職員の年齢層は広く、出産後も全員が職場復帰し、多くの看護師が子育てと仕事を両立しています。

 急性期医療から終末期、出産など様々なニーズにあった看護を提供し、地域の患者様・ご家族様に癒しを与え、支えになれるよう努力しています。

 看護部の理念にあるように、「あなたでよかった」と言っていただける看護師を目指し、優しい笑顔を絶やさず日々看護部全員で頑張っています。

医療法人社団 桐光会
調布病院 看護部長
長谷部 美津代

看護部の理念

「あなたで良かった」と思われる看護を提供し
そのことに誇りを持てるよう自己研鑽に努めます。

看護方針

  1. 温かい手、やさしい心、やさしい笑顔で患者様と接します。
  2. 出会いを大切に、きめ細やかな看護に努めます。
  3. 医療の安全を確保するため、患者様一人一人に気配り、心配りを怠らず自らのリスクマネジメントの徹底をはかります。
  4. 医療チームの一員として医師及び他職種と協働し患者様との信頼関係を確立します。
  5. 救急・急性期医療を充実させ、地域の中核病院の一つとして地域医療に貢献します。
  6. お互いの協力と理解による明るい職場作りに努めます。

看護部